なぜ雪国ではワイパーを立てるの?

北海道で初雪が観測されたと話題になっていますが、雪の日に駐車されている車のワイパーが立てられているのは何故なのでしょうか?

凍結防止がもっとも大きな理由であり、ワイパーはゴム製なので凍結によってフロントガラスとワイパーが張り付いてしまうとゴムがボロボロになる事も考えられるため、雪が降る前に立てておく事が大切なのです。

もう一つの理由はワイパーの保護ですが、雪は重さがあるので、雪の重さでワイパーが変形しないためにワイパーを立てておく事が大切なのです。

車の雪下ろしをスムーズにするためにも、ワイパーを立てておけば車の雪かきをする時に素早く取り除く事ができますし、雪の重みでワイパーが傷つくのを防ぐ事ができますよ。

大雪が降ってしまっても、ワイパーが立ててあれば目印になるので車の場所もすぐ分かるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top