車のターボの仕組みとは

車

車に備わっているターボチャージャーですが、一昔前の車は、エンジンの出力も今ほどの威力がなかったので、威力をアップさせるためにターボが付けられるようになりました。

最近の車は、エコの観点からターボチャージャーを搭載している車が少なくなっていて、ターボが無くても馬力をしっかり発揮しますが、今でも一部の軽自動車には搭載されています。

海外の車には、排気量を少なくしてターボを付けているという車も増えているそうです。

ターボは、空気を取り込むために排気ガスを使っており、タービンやプロペラが回り、エンジンへ送り込むという構造になっています。

圧縮された空気は暖かくなり膨張しますが、燃焼効率が良いのは4度なので、空気を冷やしてエンジンに送られます。

冬に燃費が悪いのは、酸素密度が関係していて、速さやパワーも変わってくるとのことです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top