日本の軽自動車が海外で輸出されてないのは何故?

日本で使われていた車が、中古車として海外に輸出されるというケースもあるそうですが、実は軽自動車は海外には輸出されていないのだそうです。

日本では、現在の規格では安全面でも基準が設けられたり、維持費が安くて便利な軽自動車が人気なので、コンパクトカーは海外でもヒットするのではないかと言われていたそうですがメーカーは海外では展開していないのです。

衝突安全性では、普通自動車と同様のテストが行われてクリアした物を販売していますが、日本より速度域が高い海外では当時の安全性能をクリアできていなかった事が考えられるのです。

軽自動車はもともと日本のみの規格で販売しており、海外で軽自動車は税制面での優遇処置がないため購入するメリットがないと思われているのだそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top