意外と知らない?車のパッシング

道を譲った時などに対向車からパッシングされた経験のある方も多いかもしれませんが、ハイビームを走行中に点滅させるパッシングは初心者ドライバーの人はあまり知らない「ドライバーの暗黙の了解」なのです。

パッシングの意味には複数あり、もっとも使われるのは進路を譲る時に「お先にどうぞ」と対向車に知らせる意味があり、なかなか右折できない車がいて後続車が渋滞になっている場合に右折させて渋滞を解消させるのです。

しかし、関西地方では「先に行きます」という意味になりますので注意が必要ですよ。

夜間の走行中に対向車がヘッドライトを点ける忘れていた場合に、パッシングで知らせるという意味でもあります。

よく道端でスピード違反の取り締まりを行っている場合に、それを対向車に知らせるためにパッシングして知らせるのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top