軽油と間違えてガソリンを入れてしまった時の対処方法とは

車の燃料は、ガソリンスタンドで給油を行いますが、近年では人件費削減のためにセルフのガソリンスタンドが増加しているので、間違った燃料を入れないように注意する必要がありますよ。

日本国内ではガソリンと軽油が使用されていますが、レギュラーとハイオクに分けられていて、それぞれノズルの色が異なりますので、レギュラーが赤、軽油の緑、ハイオクの黄色を間違えないよう注意しましょう。

もし間違えて、レギュラーを入れるはずの車にハイオクを給油してしまったら、エンジン出力や燃費がアップするということが考えられますが、燃料によって料金が異なりますので適切な物を給油するようにしましょう。

ガソリン車に軽油を入れてしまうと、車に不調が発生することが考えられますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top