車の盗難、こんな穴には注意しよう

愛車を盗難から守りたいなら、日頃からの対策が大切ですから、最近流行っている盗難の手口について理解しておき、気をつけておきましょう。

盗難される車にも特徴があり、特定の車種が盗まれやすいと言われていますが、その手口として、スライドドアの車のハンドル部分に変な穴が空いているのだそうです。

この穴こそが盗難の下準備であり、開けた穴に棒などを突っ込んで、セキュリティやカメラの有無を確認してから鍵を開けて盗むとのことです。

ハンドルの下部分に穴が開けられている場合には、穴にドライバーを突っ込むことにより、ドアロックをたった1分で解除することができるなんて驚きですね。

盗難防止の、イモビライザーという機能が組み込まれた鍵を持っているという方も多いかもしれませんが、盗難のテクニックは日々作られていますので安心はできません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top