スタットレスタイヤの構造とは

車

寒い季節になり雪が降るような地域も増えてきて、スタッドレスタイヤはそういった雪国での必需品となっていますが、首都圏やまだ雪が降っていない地域の人も雪対策として準備しておくことが大切です。

スタッドレスタイヤは見た目が凸凹していて柔らかいという特徴があり、凸凹の他にサイプというゴムの溝により、雪に含まれる水を吸い込んで滑らないという構造になっています。

スタッドレスタイヤは色々な種類がありますので、どれを選ぶべきか迷うかもしれませんが、ブリジストンのスタッドレスタイヤは雪国で重宝されています。

雪があまり降らない地域では、雪質や地域の特性に合った物を選んで、雪が降りそうな予報が出たら忘れずに取り付けるようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top