車にチラシが挟まっていたら危険?!

世界には、様々な手口で車の窃盗を行う悪質な人々が存在していますが、日本でも新たな手口が報告されていますので注意しておきましょう。

車を駐車して少し目を離した隙に、ドアのあたりに車の買取に関するチラシが挟まっていたという経験のある方もいるかもしれませんが、それは窃盗団の標的にされている目印ですから、とても危険なのです。

そのチラシに書かれている中古車業者や電話番号を検索してみても、実態のない会社だということが分かり、イタズラかと思ってチラシを挟んだ状態で車を放置していると盗まれてしまうのだそうです。

大切な愛車を盗まれないためにも、中古車買取のチラシを見つけたら迅速に処分して、自分の車は自分で守るようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top