板金塗装で車をセルフ修理しよう

運転中に車をぶつけてしまうと、ボディが凹んだり傷が付いてしまいますが、それらは板金塗装を行うことで改善することができますから方法について紹介いたします。

塗装に必要なスプレー系の道具を揃えたら、まずは凹んだ部分を直していき、傷部分をサンドペーパーで研磨していきましょう。

研磨が終わったらパテを塗り、綺麗に研いだら、塗装する箇所の周辺をマスキングテープで囲っておき、プラサフから吹いていき、好きな色のスプレーで塗装して、その上にクリアを吹いてコンパウンドで綺麗に磨いて完了です。

自分で傷ついた車の塗装を行う場合には、研磨などの下地処理をしっかりやっておくことで綺麗に仕上げることができますが、いろいろ試行錯誤して直してみるのも楽しいですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top