車の動く仕組み

車

車はエンジンの力をシャフト等を通じてタイヤに伝達し、その力によってタイヤが回転する事で動きます。

エンジンの力というのは、エンジンの中の爆発の力とも言い換えられるのですが、その爆発にはガソリン、火花、空気の3つの力が必要です。
従って、この3つは車が動く為に必要な原動力、そしてエンジンの不調が起こった時の原因にもなります。

爆発を起こすには、まずシリンダーの中にガソリンと空気の混合気を噴射し、下からピストンで圧縮します。
圧縮されて詰まっている所に今度はプラグで火花を飛ばして爆発を起こし、ピストンが下に押される事によってタイヤが回転し、車が動くのです。
爆発の後には押されたピストンがまた上に戻り、上部に溜まっているガスを排気ガスとして排出する仕組みとなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top