色禿げしたハンドルを補修する

ハンドルが色禿げしてしまった場合、多くの方が交換か巻き替えするかの選択肢敷かないと思われてしまっていますが、実は内装の部分リペア補修として対応してもらえる場合が殆どです。
よほど酷くない限り、道具があればご自身でも簡単に補修出来ますのでチェックしてみてください。

まず下準備としてハンドル全体をクリーニング、特に脱脂をしっかりと行ない、周囲に塗装が飛び散ってしまわないようにマスキングします。
続いて色禿げが発生している部分を充填剤で埋めていったら、滑らかな触り心地になるように丁寧にサンディングしていってください。
最後に元の色と同じ塗料を塗装したら、自然乾燥させて完成です。

自分で直せるくらいの劣化でしたら大体3〜4時間程度で出来ますので、酷くなる前にリペアをしてハンドルの寿命を延ばしてあげてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

return top